2015年12月16日水曜日

クリスマス会

先週末、お友達三家族でクリスマス会を催しました☆

小学校ってクリスマス会もないし、学校にツリーもないし、
クリスマスって感じないのかな~と思っていたら、
押入れの棚から椅子を駆使してツリー一式を下し、
一人組立、せっせと飾り付けた息子。
満足そう(*^_^*)
それにしても歴史を感じる飾りたち(笑)


せっかくみんなの予定もあったので、
それならクリスマス会にしようということで。

お料理して、飾り付けして、お風呂入って、
プレゼント交換して、飲んで、遊んで、
充実のクリスマス会でした♪

今年は新顔のツリーも登場☆
お友達のお花の先生の指導で作ってみました!



2015年11月24日火曜日

霧氷

先日、山形蔵王からロープウェイを使って
蔵王へ登山に行きました。
登山口で車を停めて降りたら寒い><!
山頂だともっと寒いだろうからあまり無理せず
その時は引き返してこようと出発したのですが、
思ったより暖かく、風もなく、雲海も、
この時期だけの貴重な霧氷も見れていい山歩き
になりました!
霧氷はエビのしっぽとも言われているそうで、
条件がそろわないと見れない貴重なものだそう。
ツララもみました。

山が雪で覆われる前の貴重な登山
でした☆




帰りに仙台の友人の家に寄って、
生まれたての新生児赤ちゃんを抱っこして
すりすりしてきました。
ちっちゃくてかわいかった♡


2015年10月27日火曜日

日光 戦場ヶ原散策

少し前ですが10月の三連休に日光戦場ヶ原へ
行ってきました。
紅葉の渋滞で有名な「いろは坂」。。
渋滞を避けようと早朝五時に出発しました。
ほとんど渋滞もなく奥日光の湯本まできましたが
途中のパーキングはほぼ満車でしたよ。

今回は二家族合同。
しかも4歳の子もいるもで登山ではなく、
戦場ヶ原への散策ルートとしました。
それでも往復4時間は歩いてましたね。
よくがんばりました!

戦場ヶ原は綺麗に紅葉していて風もなく
穏やかでとても心地良い散策でした☆

帰りは3時半ごろ出発しましたが、
いろは坂を下りるまで延々3時間の渋滞でした。。


2015年10月21日水曜日

やっぱり

 
 
昨日の朝洗濯物を干そうと息子のTシャツをとったら、
「名札」が。。。
 
今のご時世、名札は学校で外しておいてくるのに
結構な割合でそのまま帰ってくる息子。
 
 
そしてそのまま洗濯籠に脱ぎすて、
気づかず洗う母。
どこかで誰か気づこうよ!
 
 
思えば私も小学校の頃よく名札を忘れていたな。
そして洗濯にそのまま出して叱られていたな。
血は争えないな。

2015年10月20日火曜日

木のこの木の家(いえ)展です☆

今年も工務店と設計事務所の共同展覧会
『木のこの木の家(いえ)展』を開催します。

日時 2015年 11月 7(土) ・ 8(日) 午前10:00~午後5:00

会場 リクシルつくばショールーム(イーアスとなり)

住宅展の主な内容

■大工さんの手づくり家具 
・引掛けはしご ・テーブル ・テーブル脚 ・子供用椅子 ・階段

■各社 完成物件の写真展示 物件多数

■提案プランの展示 
・子育て世代の小さな家  ・シニアライフの小さな平屋  
・楽しく暮らせる2世帯住宅  
・自然と共生する家(屋根に草が生えている家) 
・中庭のある個性的な家等 多数展示 

■いえづくりセミナー  時間:(未定)
内容:(未定)

■子供工作づくり
・木の端材による積木工作・・・etc(未定)

■参加工務店+設計事務所
伊東建築工業  エダカワ(AT home)  岡田工務店 
小野工務店 高橋工務店
アーキアライブ アトリエ・たまん ICA建築設計事務所
知設計 樫村忠建築事務所  アニマデザインプロジェクト 

事前展示を茎崎の市民センターで行いました。


今回は息子の小学校のフスティバルと日にちが重なってしまい、
私たちが会場に居るのが11/7午後のみとなってしまいます。
リクシルの見学がてらでもぜひお立ち寄りください。


2015年9月28日月曜日

脱穀

降りすぎるほどの雨の九月でしたが、
シルバーウィークという名の五連休は連日快晴
でしたね。
ようやく刈って干していた稲が脱穀を迎えるという
ことでお手伝いに行ってきました。
稲刈りより田植えより脱穀が人手がほしいそうです。

ようやく少し手伝えるようになった息子です。
親戚でも子供は息子だけ。
期待の若手です☆

 

2015年8月24日月曜日

ツリークライミング

先日、ひたちなか海浜公園でツリークライミングを
体験しました。
といっても息子がです。
前からやってみたい!と言っていたので事前申込み
で最後の一枠を手に入れて。

思ったより本格的。高さ7~8mはあったでしょうか。
最初はロープの縛り方がうまくできず悪戦苦闘でしたが
少しづつ、少しづつ上昇して登り切りました。
登った人にしか見れない景色を堪能しておりまた。
とっても楽しそうでした。
「またやりたい!」と体験した子供たちは口々に言って
いましたよ。
大人もできるみたいだれど私は高いところが苦手なので
遠慮しておきます。
高いのは現場だけで充分。